2020年12月22日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Virtual Desktop」(WVD)とは何なのか? マイクロソフトに聞く読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVD概要編】

日本マイクロソフトが提供する「Windows Virtual Desktop」とは、どのようなサービスなのか。読者からの質問と同社による回答を基に、Windows Virtual Desktopの基本的な情報をまとめた。

[遠藤文康,TechTargetジャパン]

 Microsoftが2019年に一般公開したDaaS(Desktop as a Service)の「Windows Virtual Desktop」(WVD)。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けてテレワークを取り入れる動きが広がり、その実現手段としてDaaSが再び脚光を浴びる中、Windows Virtual Desktopに関心を寄せる読者は少なくない。TechTargetジャパンが実施した記事中アンケートで読者から寄せられた質問と、日本マイクロソフトによる回答を基に、Windows Virtual Desktopの気になる点をQ&A形式で解説する。まずはWindows Virtual Desktopの概要を見ていこう。

Windows Virtual Desktopの概要

Q1 Windows Virtual Desktopとは?

A1 Microsoftがクラウドサービス群「Microsoft Azure」で運用するDaaSだ。デスクトップ仮想化およびアプリケーション仮想化の機能をサービスとして利用できる。


Q2 Windows Virtual Desktopの主な特徴は?

A2 「Windows 10」の企業向けエディション「Windows 10 Enterprise」のマルチユーザー機能である「Windows 10 Enterprise multi-session」(Windows 10 Enterpriseマルチセッション)を利用できることだ。Windows 10 Enterpriseマルチセッションを使うと、ゲストOSとしてWindows 10 Enterpriseを稼働させている1台の仮想マシンを複数のエンドユーザーで共有できる。利用するAzureのリソースを最小限に抑えることができるため、運用のコスト効率を高めることが可能だ。


Q3 Windows Virtual Desktopにぴったりの企業は?

A3 日本マイクロソフトは、特に以下のようなニーズを抱える企業の利用を想定している。ユーザー企業はWindows Virtual Desktopを利用することで、社内に専用のインフラを抱えることなく、こうしたニーズを満たすことができるという。

  • インターネットなどの社外ネットワークから直接アクセスできない社内システムに、社外からアクセスさせたい場合
  • 「Windows」ではないクライアントOSを搭載したデバイスで、Windowsのデスクトップやアプリケーションを利用させたい場合

Q4 Windows Virtual Desktopは契約から最短何日で利用できるのか?

A4 ユーザー企業の要件に依存するが、日本マイクロソフトがこれまでの導入事例を参考に試算した結果によると、おおむね設計から利用開始まで3週間から1カ月で完了する。


Q5 Windows Virtual Desktopを利用する際の注意点は?

A5 Windows Virtual Desktopは前述の通り、MicrosoftがAzureで運用するDaaSだ。仮想デスクトップのレスポンスは、利用するAzureのリージョン(地域データセンター群)が左右する。極力エンドユーザーの近くにあるリージョンを選ぶべきだ。

 日本マイクロソフトは、レスポンスの指標となるラウンドトリップ時間(RTT:信号の発出から応答が返ってくるまでの時間)を確認できるツール「Windows Virtual Desktop エクスペリエンス見積もりツール」を提供している。リージョンごとのRTTが分かるので、リージョン選択の参考になるだろう。


Q6 Windows Virtual Desktopの利用に必要なライセンスは?

A6 ゲストOSに「Windows」系OSを利用する際に必要なライセンスは下記の通りだ。主にクライアントOS「Windows 10」「Windows 7」をゲストOSとして利用する場合と、サーバOS「Windows Server」のマルチユーザー機能を使う場合で、必要なライセンスが分かれる。

  • Windows 10またはWindows 7をゲストOSとして利用する場合
    • Windows 10/Windows 7の対象ライセンスまたはサブスクリプションサービス「Microsoft 365」の対象ライセンスが必要
  • Windows Serverのマルチユーザー機能を利用する場合
    • Windows Serverのリモートアクセス機能「Windows Server Remote Desktop Services」の対象CAL(Client Access License)が必要

 具体的な料金はユーザー企業の利用形態や保有ライセンスにより異なる。日本マイクロソフトの「料金計算ツール」で確認可能だ。


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...