「Windows Virtual Desktop」を自前で運用、管理者に必要なスキルとは?Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【前編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)を導入すると決めたら、次は自社で運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)を利用するかを決める必要がある。WVDを自社で運用するときに必要なスキルを説明する。

2021年05月24日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)である「Windows Virtual Desktop」(WVD)を採用する企業は、WVDを自社で運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)のサポートサービスを利用するかを検討しなければならない。WVDのように大規模かつ複雑なシステムの運用は大仕事になる。こうした作業をMSPに外部委託すれば、小さなIT部門や人手不足のIT部門、経験の少ない管理者の負担は大幅に軽減する。

Windows Virtual Desktop の運用に不可欠なスキル一覧

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。