2021年10月06日 05時00分 公開
特集/連載

「Mac」好きは早く「Windows 10」をやめて「Windows 11」に移りたい?「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【前編】

Microsoftは新OS「Windows 11」を投入した。UIのデザイン刷新といった数々の「進化」は、即座に更新するだけの価値をもたらすのか。まずはWindows 10との主な違いを整理しよう。

[Linda Rosencrance,TechTarget]

関連キーワード

Windows | Microsoft(マイクロソフト) | OS


 Microsoftは2021年10月5日、クライアントOS「Windows」の新バージョン「Windows 11」を各国で提供開始した。前バージョンの「Windows 10」を搭載するPCは、必要なスペックを満たす場合、Windows 11に無料でアップグレードできる。Windows 11の登場によって、企業やエンドユーザーにとって何がどう変わるのか。

 Microsoftは2025年10月14日まで、Windows 10のサポートを継続する。そのため企業やエンドユーザーは急いでWindows 11にアップグレードする必要はない。とはいえWindows 11の新機能を利用したいと考えるエンドユーザーもいる。Windows 11にアップグレードするか、しないかを判断しやすくするために、Windows 11とWindows 10の主な違い10個を紹介する。前編はそのうちの2個を見ていこう。

1.“macOS似”のUIデザイン

 Windows 11がWindows 10と大きく違うのは、ユーザーインタフェース(UI)のデザインだ。Windows 11はパステルカラーを取り入れたり、ウィンドウの角を丸くしたりして、ライバルOS「macOS」にも似た、すっきりしたデザインを追求している。MicrosoftはUIデザインのシンプル化によって、Windows 11搭載PCを仕事でもプライベートでも使いやすくすることを狙う。

2.スタートメニューやタスクバーが中央に

 MicrosoftはWindows 11で、スタートメニューとタスクバーのアイコンを画面下部の中央に移動させた。これを望まないエンドユーザーは、Windows 10と同様に、スタートメニューとタスクバーのアイコンを左寄せで並べることが可能だ。Windows 11は、Windows 10にあった「ライブタイル」を備えない。ライブタイルは、スタートメニュー内にある「タイル」というショートカットボタンの中に、ニュースや天気予報といった情報を表示する機能だ。ライブタイルを愛用しているエンドユーザーは、すぐにWindows 11にアップグレードしない方がよい。


 中編は、Windows 11の目玉といわれる「Android」アプリケーションの利用や「スナップレイアウト」といった機能を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。