2019年09月06日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10の勝手な設定変更を防ぐセキュリティ機能「改ざん防止」とは何か?Windows 10の「改ざん防止」機能を知る【前編】

「Windows 10」の「改ざん防止」機能を使うと、マルウェアやサードパーティー製アプリケーションがOSのセキュリティ設定を勝手に変更することを防ぐことができる。この機能の概要を解説する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
画像

 システムの設定を変更することで新たな脆弱(ぜいじゃく)性を生み出すマルウェアは、企業のPCにとって最大級の脅威になり得る。たとえ無害なアプリケーションであっても、勝手にシステムの設定を変更し、脆弱性を生み出す場合がある。

 「Windows 10」の 「May 2019 Update」(バージョン1903)で、Microsoftはセキュリティ機能として「改ざん防止」機能を導入した。これにより、アプリケーションがPCのセンシティブなセキュリティ設定を変更することがいっそう難しくなる。ただしWindows 10の改ざん防止機能には注意すべき点も幾つかあり、IT管理者はその仕組みについて理解しておく必要がある。

Windows 10の「改ざん防止」機能とは

 改ざん防止機能を有効にすれば、重要なシステムセキュリティ設定の変更、特にWindows 10のセキュリティ機能による制御を回避する変更を防止できる。その目的は、マルウェアや無害なサードパーティー製アプリケーションが、「Windows Defender ウイルス対策」といったセキュリティ機能の重要な設定を、勝手に変更してしまう事態を防ぐことにある。

 改ざん防止機能を有効にすると、以下のようなセキュリティ対策が可能になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...