Windows 11であの「エクスプローラー」が“超絶進化”していた「Windows 11」の充実する機能と高まらない人気【前編】

「Windows 11」の「エクスプローラー」では、Webブラウザと同様のタブが使えるようになった。それ以外にも、Microsoftはエクスプローラーにさまざまな変化を加えている。その中身とは。

2022年11月18日 10時00分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

 Microsoftは2022年9月から10月にかけて、クライアントOS「Windows 11」および「Windows 10」の機能更新プログラム(メジャーアップデート)および新機能を公開した。Windows 11では、ファイル管理ツールの「エクスプローラー」(File Explorer)にタブ機能が加わった。

Windows 11の「エクスプローラー」はここまで進化

画面 画面 Windows 11の「エクスプローラー」で、「タブ」が利用できるようになった。ホーム画面には「お気に入り」(Favorites)セクションが追加。「OneDrive」でのファイルの編集状況を表示する機能も加わった(出典:Microsoft公式ブログ)《クリックで拡大》

 Windows 11のエクスプローラーに加わったタブ機能は、ファイルの並べ替えやフォルダの切り替えをより簡単にする。「タブ機能によって、日常業務がやりやすくなる」。MicrosoftでWindows担当バイスプレジデントを務めるシルパ・ランガナサン氏は、公式ブログのエントリ(投稿)でこう説明した。

 他にもエンドユーザーがよく使うファイルをピン留めできる「お気に入り」(Favorites)のセクションが、Windows 11のエクスプローラーのホーム画面(起動直後の画面)に加わった(画面)。ホーム画面は、Microsoftのファイル同期サービス「OneDrive」との連携により、誰かがOneDriveにあるファイルを編集したり、コメントを追加したりしたことを表示できるようになった。

 エクスプローラーの他にもMicrosoftは、Windows 11の使い勝手を高めるための機能追加を進めている。エンドユーザーの行動や入力情報に基づいて、Windows 11が次の動作をエンドユーザーに提案する機能は、その一例だ。例えばエンドユーザーが電話番号をコピーしようとすると、「Phone Link」「Microsoft Teams」「Skype」といったコミュニケーションツールで通話を開始する、といった動作を提案する。


 中編は、Windows 11の他の便利な機能を幾つか紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...