Macでも「Windowsアプリ」を使えるようにする方法Windows使いのための「Mac」管理ガイド【第3回】

「Windows」アプリケーションは、通常は「Mac」では利用できない。ただし幾つかの手段を使えば、MacでもWindowsアプリケーションが動くようになる。その具体的な方法とは。

2022年11月20日 11時00分 公開

関連キーワード

Mac | Windows | Apple


 クライアントデバイスとしてAppleの「Mac」を使いたいものの、利用したいアプリケーションにはMac版がない――。こうした課題を解消する手段は、幾つかある。MicrosoftのクライアントOS「Windows」版のアプリケーションを、Macで動かせるようにする主要な手段を紹介しよう。

こうすればMacで「Windowsアプリ」が動く

 MacでWindowsアプリケーションを実行したい企業には、オープンソースソフトウェア(OSS)の「Wine」が役立つ可能性がある。Wineは、WindowsのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を「POSIX」(Portable Operating System Interface)準拠OSのAPIに変換し、MacでのWindowsアプリケーションの実行を可能にする。POSIXはAPIに関する標準規格であり、MacのOS「macOS」はPOSIX準拠OSだ。

 Oracleの「Oracle VM VirtualBox」やParallelsの「Parallels Desktop for Mac」などのPC仮想化ソフトウェアも、MacでWindowsアプリケーションを利用するために利用できる。Oracle VM VirtualBoxはOSSであり、無償だ。Parallels Desktop for Macはライセンスの購入が必要になる。

 PC仮想化ソフトウェアを利用すると、エンドユーザーはクライアントOSとしてWindowsを搭載する仮想マシン(VM)に、必要なWindowsアプリケーションをインストールできる。ただしWindowsのライセンスが別途必要だ。

 VMはおおむね物理PCと同様に機能する。エンドユーザーはVMで、物理PCと同様のネットワークに接続でき、VMのホストPCに接続した周辺機器を利用できる。ただしVMと物理PCは同一ではなく、Windowsアプリケーションによっては問題が生じる可能性がある。そのためMacの運用管理に追加のITリソースが必要になり得る。


 MacでWindowsと同じアプリケーションを利用する手段は、WineやPC仮想化ソフトウェアだけではない。第4回は企業のアプリケーションとして定着してきたSaaS(Software as a Service)に目を向ける。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...