“おしゃれさよりも実用性”のWindows好きもうなる「Mac」の魅力Windows使いのための「Mac」管理ガイド【第2回】

「Mac」のデザインは確かに魅力的だが、実際のところ“使える”のか――。こう考える「Windows」搭載PCユーザーにとっても魅力的な要素が、実はMacには幾つかある。それらは何なのか。

2022年11月13日 10時45分 公開

関連キーワード

Mac | Windows | Apple


 OSにMicrosoftの「Windows」を搭載したPCが、クライアントデバイスの主流であることは疑いようのない事実だ。普及度ではWindows搭載PCにかなわなくても、Appleのクライアントデバイス「Mac」は、根強い支持を集めている。Macの魅力は、洗練されたデザインといった趣味的な要素だけではなく、実利的な要素にもある。

“おしゃれ”なだけじゃない「Mac」の魅力

 「Macは、Windows搭載PCよりも安定性と信頼性が高い」という考え方がある。ハードウェアからソフトウェアまで、システムのあらゆる要素をAppleが管理していることが、その主な根拠だ。

 Appleはマルウェアを排除したり、機能させないための仕組みを、MacのOS「macOS」に盛り込んでいる。Macにインストール可能なアプリケーションの配布元を制限する「Gatekeeper」、パターンマッチングによってマルウェアを検出する「XProtect」などだ。

 攻撃者は、影響範囲がより広くなりやすい対象を狙う傾向がある。デバイスの普及度から、MacよりもWindows搭載PCの方が、攻撃者の標的になりやすかった。ただし、この傾向は変化しつつあり、Macに対する攻撃が目立ち始めている。

「Microsoft Office」も使える

 Windows搭載PCと同様に、Macでもオフィススイートとして、Microsoftの「Microsoft Office」が利用できる。同社はMac向けのMicrosoft Officeを改善し続けており、Windows搭載PC向けとほぼ同じ機能を提供するようになった。

 Appleは、Macで利用可能なオフィススイート「iWork」を無償で提供している。iWorkは同社のワープロツール「Pages」、表計算ツール「Numbers」、プレゼンテーションツール「Keynote」を含む。各ツールは、Microsoft Officeとの互換性を確保している。


 主要ソフトウェアベンダーが、自社製品のmacOS版とWindows版の両方を用意することは珍しくなくなった。それでもWindows版しかないアプリケーションは、少なからずある。第3回は、MacでWindowsアプリケーションを利用可能にする方法を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォーム...

news034.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年7月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...