2022年11月06日 11時30分 公開
特集/連載

Windows大好きでも「Mac」を軽視してはいけない理由Windows使いのための「Mac」管理ガイド【第1回】

クライアントデバイスの主流が「Windows」搭載PCであることは確かだ。だからといって「Mac」をむげに扱ってよいわけではない。それはなぜなのか。

関連キーワード

Mac | Windows | Apple


 MicrosoftのクライアントOS「Windows」を搭載したPCは、広く使われているクライアントデバイスだ。Appleのクライアントデバイス「Mac」は、普及度ではWindows搭載PCに遠く及ばない。それでもクライアントデバイスとして、Macをむげに扱うのは得策ではない。

だから「Mac」を無視できない

 デスクトップ型クライアントデバイス市場の主流がWindows搭載PCである状況は、しばらく続くと考えられる。Webサイトのアクセス解析に基づく市場シェア(ページビューベース)を調査、公表するStatcounterによると、デスクトップ型クライアントOS市場において、MacのOSである「macOS」シリーズが占める割合は、2022年10月時点で15.74%にすぎない。Windowsシリーズは75.93%であり、両者のシェアには圧倒的な差がある。

 社内の標準的なクライアントデバイスとして採用するには、Macのシェアはあまりにも低過ぎる――。運用管理の効率向上を目指しているIT部門は、特にそう考える可能性がある。それでもIT管理者は管理対象として、Macを考慮から外すことは難しい。Macを使いたいと考える従業員は、決して少なくないからだ。

 グラフィックデザインやデジタルアートを仕事にする人は、Macを好んで使い続けてきた。それ以外の人も、Appleのスマートフォン「iPhone」とのスムーズな連携が可能なことや、その洗練されたデザインなどを評価して、Macを選ぶ傾向がある。

 Macは直感的なユーザーインタフェース(UI)を備え、すぐに使える機能とアプリケーションを取りそろえている。iPhoneだけではなく「iPad」「Apple Watch」といった他のApple製クライアントデバイスとのスムーズな連携が可能だ。


 エンドユーザーだけではなく、企業が標準クライアントデバイスとしてMacを採用するメリットは幾つかある。第2回は、Macが企業にもたらす主要なメリットを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...