2022年09月06日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 365やAzure Virtual Desktopを選ぶか、他のDaaSを選ぶかを分ける条件「Windows 365」と「Azure Virtual Desktop」はどちらを選ぶべきか【第5回】

MicrosoftはDaaSとして「Windows 365」と「Azure Virtual Desktop」を提供している。これらのDaaSに適した企業と、理想的な導入効果が得にくい企業の特徴を説明する。

[Gary OlsenTechTarget]

 Microsoftが提供するDaaS(Desktop as a Service)には、「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)と「Azure Virtual Desktop」(AVD)の2つがある。両DaaSはインフラとして、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」を採用。「Windows 10」や「Windows 11」などのMicrosoft製クライアントOSを仮想デスクトップとして利用可能にする。

Windows 365やAVDが適する企業、適さない企業の違い

 ユーザー企業がDaaSを選ぶ際は、単にWindows 365とAVDのどちらかを選べばよいわけではない。ユーザー企業によっては、どちらのサービスも適していない場合がある。以下にWindows 365やAVDの利用に適しているユーザー企業と、適していないユーザー企業の特徴を挙げる。

  1. Windows 365やAVDの利用に適しているユーザー企業
    1. Azureやデバイス管理ツールの「Microsoft Intune」、ID・アクセス管理システムの「Azure Active Directory」などのMicrosoftサービスを既に自社で利用している。
    2. 他ベンダーの仮想デスクトップ製品/サービスを購入したり、利用したりしていない。
    3. リモートで作業するエンドユーザーの、OSやアプリケーションへのパッチの適用やセキュリティ確保を課題としている。
  2. Windows 365やAVDの利用に必ずしも適していないユーザー企業
    1. Azureを利用していない。
    2. Azureや仮想デスクトップの専門知識を持つIT担当者がいない。
    3. セキュリティやIT管理に関する考慮事項が少ない。

 第6回はWindows 365とAVDの利用料金を比較検討するときのポイントを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...