2019年09月25日 05時00分 公開
特集/連載

アップデート時間は短くなるが……Windows 10「19H2」の改良点はほとんどない? 混乱するIT担当者の声

「Windows 10」のアップデートによくある「インストールが長い」問題はIT担当者の悩みのタネだ。Microsoftは「19H2」でその解消を試みたようだが、IT担当者はかえって混乱を深めている。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 「Windows 10」のアップデートに関する問題を解消しようというMicrosoftの取り組みは、遅過ぎた上、十分とはいえないようだ。

 Microsoftの公式ブログによると、同社はWindows 10の機能更新プログラム(年2回提供する大型更新プログラム)「19H2」を2019年9月に提供開始する。19H2はWindows 10の「May 2019 Update」(バージョン1903)をインストールしているデバイスを対象に新しいアップデート方法を導入するという。パフォーマンスの改良点を少なくしてファイルサイズを小さくし、その分インストール時間を短くする。Microsoftは現在、開発者向けに提供する先行導入プログラム「Windows Insider Program」の「スローリング」(比較的安定したビルドを入手できる配信スケジュール分類)で19H2のテストビルドを公開している。

 金融機関United Bankshares(United Bank)のウィレム・バグチャス氏は次のように語る。「今回のリリースは、何も明言しないまま多くのことを語っている。Microsoftはアップデートの中身を少なくしてインストール時間を短くしようという考えだ。水を入れるグラスを小さくすれば当然、早く飲み終わる」

Windows 10アップデートの問題点

 Windows 10アップデートはこれまで数多くの問題を抱えてきた。Microsoftが継続的なアップデートサイクルの採用を決定したことは、IT管理者とエンドユーザーの両方から不評を買っている。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...