2019年05月15日 05時00分 公開
特集/連載

「信ぜよ、だが確認せよ」Windows 10の「May 2019 Update」以降はアップデート時期を自由に選べる

2019年5月下旬公開の「Windows 10」次期アップデートは、IT管理者によるインストールの管理機能が復活する。その重要度について、専門家が解説する。

[Jesse Scardina,TechTarget]
画像

 Microsoftは「Windows 10」の次期アップデート「May 2019 Update」を2019年5月下旬に公開する見通しだ。これにはマイナーな機能アップデートの他に、そのアップデートのインストール方法に関する重大な変更が盛り込まれる。

 過去のWindows 10の更新プログラムでは、Microsoftが自動的にデバイスを更新していた。この機能は同OSの最初のリリースに搭載された。Windows 10の次期アップデートでMicrosoftは、インストール管理の権限をユーザーの手に戻す。

 「更新プログラムが利用可能になったことを知らせ、われわれのデータに基づいて適用が推奨されるという通知は出す。だがいつ更新を始めるかについては大部分をユーザーに委ねる」。Microsoft副社長のマイク・フォルタン氏はブログにそう記した。

 May 2019 Update適用後のWindows 10である「Windows 10バージョン1903」は、当初2019年3月リリースとされていた予定がずれ込んでいる。他にも、音声アシスタント「Cortana」の検索機能と通常の検索機能(Windowsのエクスプローラーの検索機能)の切り離し、新しいライトテーマ(明るめの色を使ったユーザーインタフェース)、IT担当者のためのサンドボックス機能などが加わる予定だ。

 IT管理者が権限を取り戻すことの重要性や更新に対する最善のアプローチについて、ITサービス管理会社SolarWinds Worldwideの上級ディレクター兼マネージドサービスプロバイダーエバンジェリスト、デイブ・ソーベル氏に話を聞いた。

―― 最新のWindows 10更新プログラムのインストールを遅らせると決めた場合、IT管理者が考慮すべき注意点は。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。