2022年05月30日 05時00分 公開
特集/連載

AzureをやめたらWindowsライセンス料金が60億円増えた――その笑えない理由Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【前編】

Microsoftは「Windows」「Office」といった同社製品を競合クラウドサービスで使用する際のライセンス料金を高くしている。これは欧州の独占禁止法に違反している可能性がある。問題解決に向けて、同社はどう動くのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 Microsoftはクラウドサービスのライセンス規約について、欧州連合(EU)の欧州委員会から独占禁止法違反の調査を受けている。同社はこの問題を是正すると約束している。

 問題となっているのは、Microsoftがライセンス規約を変更し、「Microsoft Azure」以外のクラウドサービスで「Windows」やオフィススイートの「Microsoft Office」、サーバOSの「Windows Server」、リレーショナルデータベース管理システムの「SQL Server」を使用する場合のライセンス料金を高くしたことだ。

Windowsの料金が60億円増加――Microsoftライセンス規約変更の深刻度

 通信社のBloombergは2022年4月12日(現地時間、以下同じ)の報道で、この問題の影響を受けた顧客の事例を伝えた。そのうち1社はAzureからGoogleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)に移行しようとしたところ、Windowsのライセンス料金が約5000万ドル(約63億5000万円)増加することが分かったという。このライセンス規約の変更による、一般的なユーザー企業に対する正確な増加額は不明だ。

 Microsoftは2022年4月、同社のライセンス規約変更に対する苦情を認めた。同社プレジデントのブラッド・スミス氏は「こうした苦情の全てが妥当というわけではないが、中には妥当なものもある」と説明。「必ず早急に変更を加えて対処する」と明言した。

 どのような苦情を妥当だと見なし、規約にどのような変更を加えるかについて、Microsoftは詳しいことを明らかにしていない。

欧州のクラウドベンダーの見解は

 欧州のクラウド業界団体CISPE(Cloud Infrastructure Services Providers in Europe)は2022年4月14日、Microsoftの対処は「適切とは考えられない」と述べ、Microsoftに即刻この問題を是正することを求めた。CISPEにはAmazon Web Services(AWS)も加盟している。

 CISPEは「『さらに状況を確認して、何らかの修正をする』といった不明瞭な約束ではなく、至急の問題解決が必要だ」と主張する。Microsoftが問題を解決するための具体的かつ有効な措置を講じるまで、規制当局はMicrosoftに対する苦情について「徹底的な調査を続ける必要がある」というのがCISPEの考えだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...