「Windows Virtual Desktop」の管理機能が持つ4つの制約「Windows Virtual Desktop」の弱点とは【後編】

「Windows Virtual Desktop」は、管理面ではまだ完成度が足りない。本稿で取り上げる4つの機能は、CitrixやVMwareの製品ほど強力ではない。

2020年03月19日 05時00分 公開
[Marius SandbuTechTarget]

 MicrosoftはDaaS(Desktop as a Service)の「Windows Virtual Desktop」(WVD)をシンプルなアーキテクチャにすることを目指している。ユーザー企業が管理すべき対象を仮想デスクトップと仮想アプリケーションのみに絞り、それらの仕組みを支えるクラウドサービス群「Microsoft Azure」のコンポーネントを管理しないで済むようにすることを目指した。ただしWVDは競合サービスと比べて、幾つかの機能が不十分だ。前編「Microsoft純正DaaS『Windows Virtual Desktop』はどう進化する? 課題は?」に続く本稿は、WVDの管理機能が持つ制約を具体的に説明する。

目次


制約1.イメージファイルの更新機能

 WVDはCitrix SystemsやVMwareのデスクトップ仮想化製品とは異なり、仮想デスクトップや仮想アプリケーションのイメージファイル更新する簡単な方法を標準では提供していない。IT担当者はAzureのサービスを使って、このような更新機能をエンドユーザーに提供できるが、それはWVDの機能からは外れている。IT担当者は、Azureのリソース管理機能「Azure Resource Manager テンプレート」や仮想マシン(VM)の自動スケーリングサービス「Virtual Machine Scale Sets」などの機能やサービスを組み合わせて利用しなければならない。

 小規模なDaaS環境では、イメージファイルの更新機能はあまり問題にならない可能性がある。ただし大規模な環境や、IT担当者が多くの種類のイメージファイルを扱わなければならない環境では、必要な機能の一つだ。

制約2.自動スケーリング機能

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...