2020年03月19日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Virtual Desktop」の管理機能が持つ4つの制約「Windows Virtual Desktop」の弱点とは【後編】

「Windows Virtual Desktop」は、管理面ではまだ完成度が足りない。本稿で取り上げる4つの機能は、CitrixやVMwareの製品ほど強力ではない。

[Marius Sandbu,TechTarget]

 MicrosoftはDaaS(Desktop as a Service)の「Windows Virtual Desktop」(WVD)をシンプルなアーキテクチャにすることを目指している。ユーザー企業が管理すべき対象を仮想デスクトップと仮想アプリケーションのみに絞り、それらの仕組みを支えるクラウドサービス群「Microsoft Azure」のコンポーネントを管理しないで済むようにすることを目指した。ただしWVDは競合サービスと比べて、幾つかの機能が不十分だ。前編「Microsoft純正DaaS『Windows Virtual Desktop』はどう進化する? 課題は?」に続く本稿は、WVDの管理機能が持つ制約を具体的に説明する。

目次


制約1.イメージファイルの更新機能

 WVDはCitrix SystemsやVMwareのデスクトップ仮想化製品とは異なり、仮想デスクトップや仮想アプリケーションのイメージファイル更新する簡単な方法を標準では提供していない。IT担当者はAzureのサービスを使って、このような更新機能をエンドユーザーに提供できるが、それはWVDの機能からは外れている。IT担当者は、Azureのリソース管理機能「Azure Resource Manager テンプレート」や仮想マシン(VM)の自動スケーリングサービス「Virtual Machine Scale Sets」などの機能やサービスを組み合わせて利用しなければならない。

 小規模なDaaS環境では、イメージファイルの更新機能はあまり問題にならない可能性がある。ただし大規模な環境や、IT担当者が多くの種類のイメージファイルを扱わなければならない環境では、必要な機能の一つだ。

制約2.自動スケーリング機能

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。

news134.jpg

NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新...