2023年12月13日 17時00分 公開
インフォメーション

「Windows」をやめて「Chromebook」を使う理由Computer Weekly日本語版+セレクション

GoogleのクライアントOS「ChromeOS」とアプリケーション仮想化ツールを利用することで、MicrosoftのクライアントOS「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みの狙いとは。事例を基に解説する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 MicrosoftのクライアントOS「Windows」のアプリケーションは、通常はWindows搭載の端末で利用することになる。アプリケーション仮想化を手掛けるCameyo社は、そうした一般的な利用方法ではなく、同社の同名サービスとGoogleのクライアントOS「ChromeOS」を組み合わせて、Windowsのアプリケーションを実行できる仕組みを提供している。

 ChromeOSとアプリケーション仮想化を使った仕組みには、Windowsを使ってきたユーザーにとってもメリットになる特別な狙いがある。それは具体的にはどのようなものなのか。ChromeOS搭載端末への移行を決断したホテルチェーンの事例と併せて、アプリケーション仮想化の仕組みがWindowsユーザーのどのような悩みを解決するのかを解説する。

ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。