2019年10月23日 16時00分 公開
特集/連載

Windows 10に潜む“危険”を取り除く4つの設定特選プレミアムコンテンツガイド

「Windows 10」はセキュリティに役立つ仕組みを豊富に備える一方で、OSの設定によっては予想外のトラブルを起こす可能性がある。Windows 10の落とし穴と、PCをより安全に使うために変更すべき、4つの設定について取り上げる。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Microsoftは「Windows 10」を「Windows as a Service」(WaaS:サービスとしてのWindows)モデルで提供しており、ユーザーはOSに、年に2回の大型アップデートとなる「機能更新プログラム」に加え、原則として月に1回の「品質更新プログラム」を適用する必要がある。Windows 10を欠かさず更新することで、最新のセキュリティ対策を受けられるメリットがある。

 Windows 10はWaaSやセキュリティ機能群「Windows Defender」をはじめ、セキュリティ向上に役立つ仕組みを豊富に備える。ただし人が開発するソフトウェアである以上、セキュリティの懸念を完全に拭い去ることは難しい。2018年秋の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」では、ユーザーのファイルが消失するという深刻な問題が起こった。Windows 10に限った話ではないが、OSやその機能の設定を不適切なまま放置していると、組織を危険にさらす可能性がゼロではない。

 本資料では、Windows 10の利用に当たって直面し得るセキュリティの課題と、Windows 10搭載PCをより安全に使うために変更すべき、4つの設定について取り上げる。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...