Windows 10に潜む“危険”を取り除く4つの設定特選プレミアムコンテンツガイド

「Windows 10」はセキュリティに役立つ仕組みを豊富に備える一方で、OSの設定によっては予想外のトラブルを起こす可能性がある。Windows 10の落とし穴と、PCをより安全に使うために変更すべき、4つの設定について取り上げる。

2019年10月23日 16時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Microsoftは「Windows 10」を「Windows as a Service」(WaaS:サービスとしてのWindows)モデルで提供しており、ユーザーはOSに、年に2回の大型アップデートとなる「機能更新プログラム」に加え、原則として月に1回の「品質更新プログラム」を適用する必要がある。Windows 10を欠かさず更新することで、最新のセキュリティ対策を受けられるメリットがある。

 Windows 10はWaaSやセキュリティ機能群「Windows Defender」をはじめ、セキュリティ向上に役立つ仕組みを豊富に備える。ただし人が開発するソフトウェアである以上、セキュリティの懸念を完全に拭い去ることは難しい。2018年秋の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」では、ユーザーのファイルが消失するという深刻な問題が起こった。Windows 10に限った話ではないが、OSやその機能の設定を不適切なまま放置していると、組織を危険にさらす可能性がゼロではない。

 本資料では、Windows 10の利用に当たって直面し得るセキュリティの課題と、Windows 10搭載PCをより安全に使うために変更すべき、4つの設定について取り上げる。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...