2019年09月13日 16時00分 公開
特集/連載

仕事には「Windows」より「Mac」の理由特選プレミアムコンテンツガイド

ビジネス用デバイスといえば「Windows」搭載PCが主流だったが、「Mac」が急速にその存在感を高めつつある。それはなぜなのか。Macをビジネスに利用するメリットを考察する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ビジネス用デバイスといえば「Windows」搭載PCが当たり前だと考える企業は少なくない。しかしこの状況は変わりつつある。企業において、主にマーケティング担当者やグラフィックデザイナーの間で利用されていた「Mac」のユーザー層が多様化しているのだ。

 Macが搭載する「macOS」は、Windowsと比べてAppleのスマートフォン「iPhone」との連携機能が充実していたり、OSの更新頻度が少ないことから管理負荷の軽減が狙えたりするなど、さまざまなメリットがある。本資料では、複数の観点からMacがビジネス利用に適している理由について考察する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...