2019年08月14日 16時00分 公開
特集/連載

「AIは役に立たず、仕事も奪う」は本当か?特選プレミアムコンテンツガイド

企業は人工知能(AI)技術に期待を寄せているものの、どう利用すればいいかについてはいまだに模索中だ。AI技術をビジネスに生かしたいと考える企業が知っておくべき、AI技術の特性をまとめた。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 人工知能(AI)技術のビジネス利用が浸透しつつある。人々はAI技術に対して、期待と不安の入り交じった感情を抱えている。

 「AIはわれわれが答えを出せない難問でも解き明かす」と考える人がいる。そうした期待に反して、AIエンジンがうまく答えを導き出せないのは、使い方に問題がある場合がある。答えを導き出せても、その結果から得られた知や洞察をビジネスに生かせるかどうかも使う人次第だ。

 一方で「AIがわれわれの仕事を奪うのではないか」と心配する人もいる。「AIツールの利用が増えると、それを管理する仕事も増える」ことを危惧する人もいるだろう。だが、こうした近視眼的な課題のみにとらわれ過ぎると、AI技術が企業にもたらす価値を見誤ることになりかねない。

 本資料では、AI技術をビジネスで活用するために必要な考え方について、AI技術の特性を踏まえた上で紹介する。そうしたヒントが、人とAI技術の両方をビジネスに生かすための手掛かりとなるだろう。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。