2019年11月20日 16時00分 公開
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド決済サービスで広がる「金融AI」の使い道とその課題

金融業界では不正検知を中心に人工知能(AI)技術が使われ始め、AI技術を活用した新たな金融・決済サービスも登場しつつある。ただしAIシステムで顧客情報を扱う際のプロセスには課題が残る。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Watson | 金融 | 機械学習


ダウンロードはこちら

 銀行やクレジットカードなどの金融業界では、ユーザーの決済履歴を学習し、決済取引の不正検知をする人工知能(AI)システムを利用する動きが活発化し始めた。近年では与信審査や顧客分析など、金融サービスでAI技術がさらに活用の領域を広げつつある。ただし与信をはじめ、金融における重要なプロセスにAIシステムを利用する場合、顧客データの処理と意思決定のプロセスの透明性をいかに確保するかが課題になる。

 本資料は、IBMのAIシステム「Watson」を組み込んだ決済チャットbotや、Amazon.comの展開する「レジなし」店舗など実際の事例を基に、決済をはじめとする金融関連ビジネスへのAI技術の使い道を説明する。AIシステムで顧客情報を扱うときに、倫理的な課題を解決するための方法についても取り上げる。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...