2019年12月19日 16時00分 公開
特集/連載

次世代無線LAN「Wi-Fi 6」が2023年まで普及しない理由特選プレミアムコンテンツガイド

次世代の無線LANとして注目を集める「Wi-Fi 6」。「Wi-Fi 5」までとの違いもさることながら、気になるのは本格的な利用はいつ頃にすればよいのかという点だ。過去の傾向を踏まえて検討する。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

IEEE 802.11ac | IEEE | Wi-Fi | 無線LAN


ダウンロードはこちら

 無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceが、無線LANの新規格「IEEE 802.11ax」の製品認証プログラム名を「Wi-Fi 6」と命名してから、次世代無線LANへの関心はさらに高まった。オフィスや自宅、公衆の場所で利用される無線LANの新規格が登場するのは数年に一度で、そのタイミングで目を引く新しい機能が追加されるのが、これまでの傾向だ。

 Wi-Fi 6も前の世代である「Wi-Fi 5」の性能をしのぐ、さまざまな新機能が発表されている。個人であればすぐにでも導入したいと考える人は少なくないだろうが、企業導入となると少し様子を見るべきだと考えるのが一般的だ。

 市場にはWi-Fi 6準拠品が登場し、企業の中でも既に導入したという事例が聞こえてくる。だが、いわゆる「アーリーアダプター」ではなく、一般的にはいつ頃導入するのが理想的なのか。本資料でその疑問に答える。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...