「Android」と「iOS」は結局どちらが“正解”なのか?特選プレミアムコンテンツガイド

モバイルデバイスを導入する場合、「Android」と「iOS」デバイスのどちらを選ぶべきなのか。本資料で紹介するさまざまな観点からの比較情報を、選定の一助としていただきたい。

2020年01月09日 16時00分 公開
[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Android | iOS | BYOD(Bring Your Own Device)


ダウンロードはこちら

 主流なモバイルデバイス用OSであるGoogleの「Android」とAppleの「iOS」。モバイルデバイスを導入する際、どちらのOSが適しているかを検討する必要がある。

 Androidデバイスは、GoogleやSamsung Electronics、Huawei Technologiesなど、さまざまなベンダーが販売している点がiOSとの大きな違いだ。価格帯や搭載する機能も幅広く、ベンダー独自の機能を盛り込んでいる機種もある。

 iOSデバイスは、Apple製の「iPhone」や「iPad」に限られており、機種の選択肢は少ない。一方で同社がデバイスやアプリケーションの仕様を管理しているため、デザインや操作性に統一感がある。

 AndroidとiOSを機能、価格、組織での管理方法、セキュリティなどの面から比較した場合、どちらにどのような特徴があるのか。「サービスとしてのデバイス」(Device as a Service)、私物デバイスを業務に利用する「BYOD」、従業員にデバイスを選んでもらう「CYOD」について、専門家はどのような見方を示しているのか。本資料で、そうした疑問を解消しよう。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。