2020年01月09日 16時00分 公開
特集/連載

「Android」と「iOS」は結局どちらが“正解”なのか?特選プレミアムコンテンツガイド

モバイルデバイスを導入する場合、「Android」と「iOS」デバイスのどちらを選ぶべきなのか。本資料で紹介するさまざまな観点からの比較情報を、選定の一助としていただきたい。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Android | iOS | BYOD(Bring Your Own Device)


ダウンロードはこちら

 主流なモバイルデバイス用OSであるGoogleの「Android」とAppleの「iOS」。モバイルデバイスを導入する際、どちらのOSが適しているかを検討する必要がある。

 Androidデバイスは、GoogleやSamsung Electronics、Huawei Technologiesなど、さまざまなベンダーが販売している点がiOSとの大きな違いだ。価格帯や搭載する機能も幅広く、ベンダー独自の機能を盛り込んでいる機種もある。

 iOSデバイスは、Apple製の「iPhone」や「iPad」に限られており、機種の選択肢は少ない。一方で同社がデバイスやアプリケーションの仕様を管理しているため、デザインや操作性に統一感がある。

 AndroidとiOSを機能、価格、組織での管理方法、セキュリティなどの面から比較した場合、どちらにどのような特徴があるのか。「サービスとしてのデバイス」(Device as a Service)、私物デバイスを業務に利用する「BYOD」、従業員にデバイスを選んでもらう「CYOD」について、専門家はどのような見方を示しているのか。本資料で、そうした疑問を解消しよう。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。