2020年01月23日 16時00分 公開
特集/連載

人工知能が偏見を助長する? 原因は学習データにあり特選プレミアムコンテンツガイド

AI技術には性別や人種のバイアスに基づいた判断をしてしまうリスクがある。バイアスを軽減し、公平かつ正確な判断をするAIシステムを構築する方法を考える。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

ITガバナンス | 機械学習


ダウンロードはこちら

 Amazon.comは人工知能(AI)エンジン搭載の人材採用システムの開発を2017年に中止した。中止の理由は、採用の判断に女性就業希望者に対するバイアス(偏見)が含まれていたことだった。原因はAIシステムの機械学習に使っていたデータにあった。性別や人種へのバイアスが含まれた学習データ(教師データとも)を利用すると、AIシステムがそのバイアスに基づいた判断をするリスクがある。

 偏ったデータはときに役立つこともある。意図的にAIシステムの判断をゆがめる学習データを利用することで、かえってAIシステムの判断の正確性を高められる場合があるからだ。

 一般的にAIエンジンはブラックボックスになっている。バイアスの有無とその原因を判断することは困難だ。AIシステムのバイアスを解消しつつ、正確な判断ができるように学習させるにはどのようにすればよいのだろうか。本資料では、AIシステムのバイアスを取り巻く現状とバイアスを軽減する方法について、事例を交えて説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

SNSはオワコン? 世界平均の利用時間に頭打ち感
メンタルへの影響、政治利用やプライバシー問題など逆風のさなか、ついにSNSは「終わりの...

news163.jpg

半熟チーズケーキ、半熟カステラの次に来るのは? クックパッド「食トレンド予測2022」
キーワードは「新感覚」。2022年に流行の兆しが見えてきた食・料理は?

news115.jpg

レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは...