2020年01月23日 16時00分 公開
特集/連載

人工知能が偏見を助長する? 原因は学習データにあり特選プレミアムコンテンツガイド

AI技術には性別や人種のバイアスに基づいた判断をしてしまうリスクがある。バイアスを軽減し、公平かつ正確な判断をするAIシステムを構築する方法を考える。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

ITガバナンス | 機械学習


ダウンロードはこちら

 Amazon.comは人工知能(AI)エンジン搭載の人材採用システムの開発を2017年に中止した。中止の理由は、採用の判断に女性就業希望者に対するバイアス(偏見)が含まれていたことだった。原因はAIシステムの機械学習に使っていたデータにあった。性別や人種へのバイアスが含まれた学習データ(教師データとも)を利用すると、AIシステムがそのバイアスに基づいた判断をするリスクがある。

 偏ったデータはときに役立つこともある。意図的にAIシステムの判断をゆがめる学習データを利用することで、かえってAIシステムの判断の正確性を高められる場合があるからだ。

 一般的にAIエンジンはブラックボックスになっている。バイアスの有無とその原因を判断することは困難だ。AIシステムのバイアスを解消しつつ、正確な判断ができるように学習させるにはどのようにすればよいのだろうか。本資料では、AIシステムのバイアスを取り巻く現状とバイアスを軽減する方法について、事例を交えて説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

「巣ごもり消費」「応援消費」「エシカル消費」 withコロナ時代の消費トレンドまとめ
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。