2020年02月06日 16時00分 公開
特集/連載

“宅電”は過去の遺物ではないと言い切れる納得の理由特選プレミアムコンテンツガイド

固定電話の代替としてモバイル端末の導入が進む一方、固定電話が新たな用途を開拓しつつある。固定電話の新しい用途と、IP電話とアナログ電話のどちらを導入すべきかについて説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ユニファイドコミュニケーション(UC)ツールやモバイル端末の普及に伴い、固定電話のニーズは減っていると考える人が少なくないだろう。実はその認識は、必ずしも正しくない可能性がある。調査会社Nemertes Researchの調査によると、調査対象の企業で2019年に固定電話を増やす計画のある企業が4分の1に上ったのだ。

 ただし、固定電話の役割は確実に変わりつつある。本資料では、固定電話の新しい用途を整理。その上でVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスと、アナログ電話とも呼ばれるPSTN(公衆交換電話網)の電話サービス(POTS)のどちらを導入すべきかについて説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...