2021年03月11日 05時00分 公開
特集/連載

Windows Virtual Desktopが快適に使える「シンクライアント」の条件とは?Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【後編】

シンクライアントを選ぶときは何を考慮すればよいのか。MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を利用する場合を例に挙げ、シンクライアント選びのポイントを説明する。

[Jo Harder,TechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)である「Windows Virtual Desktop」(WVD)を利用するためのクライアント端末として、必要最小限のスペックと機能を備えた「シンクライアント」は有力な選択肢となる。シンクライアントを選ぶ際は、どのベンダーのどのモデルが最適かを判断する必要がある。中編「Windows Virtual Desktopが使えるシンクライアントの本命は? 5社の違いを比較」に続く本稿は、WVD向けシンクライアントの選定ポイントを説明する。

Windows Virtual Desktop向けシンクライアント選びの注意点

 企業がシンクライアントを選定するときは、将来的なIT製品やソフトウェアの導入計画が考慮事項となる。WVDを一時的に導入し、その後にCitrix Systemsの「Citrix Virtual Apps and Desktops」やVMwareの「VMware Horizon」などのVDI(仮想デスクトップインフラ)製品を採用する計画を立てている場合は注意する必要がある。WVDが利用できるシンクライアントでも、Citrixの「Citrix HDX」やVMwareの「PCoIP」「Blast Extreme」といった画面転送プロトコルを利用できない場合があるからだ。同様にCitrixやVMwareのVDI製品で稼働する仮想デスクトップにアクセスできても、WVDにはアクセスできないシンクライアントもある。

 シンクライアントは、スタンドアロン端末としては機能が限られる。厳密にどのような機能を備えているかは、メモリ容量やディスプレイの解像度、USBポートの数などの仕様とOSに応じて異なる。ノートPCのような見た目でも、インターネットにアクセスできなければ完全なノートPC機能を実現できないシンクライアントもある。

ライセンス料金やOSも重要

 考慮すべき要素はもう一つある。それはシンクライアントがWVDのライセンスに与える影響だ。各シンクライアントのコストやメリットを評価する際には、この点を考慮しなければならない。Microsoftと提携しているベンダーのシンクライアントを利用すれば、WVDライセンス利用料金の割り引きを受けられることがある。同様にMicrosoftのサブスクリプション形式の製品/サービス群「Microsoft 365」の特定プランを契約することでも、WVDの利用コストを抑えることができる可能性がある。

 最適なシンクライアントは業務内容によって異なる。例えばシンクライアントのOSが組み込み端末向けの「Windows 10 IoT Enterprise」か「Linux」かという点が決め手になることがある。シンクライアントベンダーが継続的に新しい製品を発売しているかどうかといった要素も、最終的な判断基準の一つだ。そのためシンクライアントを選ぶ際は、各ベンダーが利用する技術や製品開発の方向性を考慮する価値がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。