シンクライアントを導入すべき? 業界別にみるメリットとデメリット製造業、通信事業、医療、教育、サービス業……

シンクライアントがあれば、幅広い組織や業界が恩恵を受けられる可能性がある。シンクライアントのメリットとデメリット、そして業界ごとの理想的な用途について解説する。

2019年01月23日 05時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]
画像

 従業員が仕事をこなすための端末として、PCは必ずしも最も安価で安全なツールとは限らない。もう1つの選択肢であるシンクライアントは、さまざまな業界の企業に大きな恩恵をもたらし得る。ただしシンクライアントは本質的なデメリットも伴う。

 シンクライアントハードウェアは、パワフルなターミナルサーバにネットワークで接続されたベーシックなコンピュータのことで、ユーザーは普通のPCと同じようにシンクライアントを使用できる。ただ、ファイルとアプリケーションは全てサーバに保存される仕組みだ。

シンクライアントのメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...