2019年01月23日 05時00分 公開
特集/連載

製造業、通信事業、医療、教育、サービス業……シンクライアントを導入すべき? 業界別にみるメリットとデメリット

シンクライアントがあれば、幅広い組織や業界が恩恵を受けられる可能性がある。シンクライアントのメリットとデメリット、そして業界ごとの理想的な用途について解説する。

[Ed Hardy,TechTarget]
画像

 従業員が仕事をこなすための端末として、PCは必ずしも最も安価で安全なツールとは限らない。もう1つの選択肢であるシンクライアントは、さまざまな業界の企業に大きな恩恵をもたらし得る。ただしシンクライアントは本質的なデメリットも伴う。

 シンクライアントハードウェアは、パワフルなターミナルサーバにネットワークで接続されたベーシックなコンピュータのことで、ユーザーは普通のPCと同じようにシンクライアントを使用できる。ただ、ファイルとアプリケーションは全てサーバに保存される仕組みだ。

シンクライアントのメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...