2021年03月09日 05時00分 公開
特集/連載

JavaScriptの実行やOptaneの利用が可能に 「Oracle Database 21c」の注目機能幻の「Oracle Database 20c」向け機能を搭載

「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」はさまざまな新機能を搭載している。その中から確認しておきたい新機能を紹介しよう。

[Sean Michael Kerner,TechTarget]

 2021年1月にOracleが提供開始したリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」には、さまざまな新要素がある。2021年2月現在、Oracle Database 21cは同社のクラウドサービス群「Oracle Cloud」でのみ利用でき、オンプレミス版での提供開始は同年後半になる見込みだ。

 Oracle Database 21cは前バージョンの「Oracle Database 20c」向けに開発されていた機能を複数搭載している。Oracleは当初、2020年にOracle Database 20cの提供を始める計画だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で見送った。

 特筆すべきOracle Database 21cの新機能には、「JavaScript」のスクリプトの実行に加え、メモリとストレージ双方の特徴を持つ「永続メモリ」(PMEM:パーシステントメモリ)の利用、「Blockchain Table」(ブロックチェーン表)などがある。これらを順に見ていこう。

JavaScriptの実行

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...