2021年03月09日 05時00分 公開
特集/連載

JavaScriptの実行やOptaneの利用が可能に 「Oracle Database 21c」の注目機能幻の「Oracle Database 20c」向け機能を搭載

「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」はさまざまな新機能を搭載している。その中から確認しておきたい新機能を紹介しよう。

[Sean Michael Kerner,TechTarget]

 2021年1月にOracleが提供開始したリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」には、さまざまな新要素がある。2021年2月現在、Oracle Database 21cは同社のクラウドサービス群「Oracle Cloud」でのみ利用でき、オンプレミス版での提供開始は同年後半になる見込みだ。

 Oracle Database 21cは前バージョンの「Oracle Database 20c」向けに開発されていた機能を複数搭載している。Oracleは当初、2020年にOracle Database 20cの提供を始める計画だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で見送った。

 特筆すべきOracle Database 21cの新機能には、「JavaScript」のスクリプトの実行に加え、メモリとストレージ双方の特徴を持つ「永続メモリ」(PMEM:パーシステントメモリ)の利用、「Blockchain Table」(ブロックチェーン表)などがある。これらを順に見ていこう。

JavaScriptの実行

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...