JavaScriptの実行やOptaneの利用が可能に 「Oracle Database 21c」の注目機能幻の「Oracle Database 20c」向け機能を搭載

「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」はさまざまな新機能を搭載している。その中から確認しておきたい新機能を紹介しよう。

2021年03月09日 05時00分 公開
[Sean Michael KernerTechTarget]

 2021年1月にOracleが提供開始したリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」には、さまざまな新要素がある。2021年2月現在、Oracle Database 21cは同社のクラウドサービス群「Oracle Cloud」でのみ利用でき、オンプレミス版での提供開始は同年後半になる見込みだ。

 Oracle Database 21cは前バージョンの「Oracle Database 20c」向けに開発されていた機能を複数搭載している。Oracleは当初、2020年にOracle Database 20cの提供を始める計画だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で見送った。

 特筆すべきOracle Database 21cの新機能には、「JavaScript」のスクリプトの実行に加え、メモリとストレージ双方の特徴を持つ「永続メモリ」(PMEM:パーシステントメモリ)の利用、「Blockchain Table」(ブロックチェーン表)などがある。これらを順に見ていこう。

JavaScriptの実行

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。