2021年03月09日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍で施設拡大が頓挫、窮地の医療機関をNutanixの「HCI」はどう救ったのか医療業界の「HCI」導入事例【前編】

米医療機関Delaware Valley Community Healthは、施設拡大に取り組む最中にCOVID-19の危機に直面し、計画変更を余儀なくされた。ピンチを乗り越える鍵はNutanixのHCIだったという。HCIがもたらしたメリットとは。

[Dave Raffo,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に伴い、さまざまな組織がテレワークに切り替えるために奔走せざるを得なくなった。こうした中、失敗が許されないプレッシャーに直面した組織が医療機関だ。

 遠隔医療、テレワーク、医学研究などさまざまな分野で、医療ITに関わる人は変革の一助となるべく懸命に取り組んだ。その一例が、米国ペンシルベニア州の医療機関Delaware Valley Community Health(DVCH)と、医療クラウドベンダーAIMES Management Servicesだ。DVCHもAIMESもHCI(ハイパーコンバージドインフラ)を導入してサービスを提供している。

 本稿はDVCHの事例を取り上げ、コロナ禍に伴う事業計画の見直しとHCI導入を同機関がどう乗り越えたかを紹介する。

医療機関のCIOが抱く「恐怖」を和らげたHCI

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...