2021年10月03日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows」ユーザーが「Mac」に乗り換えようと思わない5つの理由「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第4回】

企業の標準クライアントデバイスとして「Windows」搭載PCが普及しているのは、それなりの根拠がある。Windows搭載PCユーザーが特に評価するポイントを整理しよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 「Windows」搭載PCは、依然として企業のクライアントデバイスの主流だ。Windows搭載PCには、業務利用に適したさまざまな特徴がある。Windows搭載PCユーザーが、Appleの「Mac」ではなくWindows搭載PCを選ぶ主要な評価ポイントを整理しよう。

1.「選べる」ことの強み

 Windows搭載PC最大のセールスポイントは、幅広いハードウェアを利用できることだ。企業はさまざまなデバイスベンダーが提供する機種から選択できるだけでなく、CPU、GPU(グラフィックス処理プロセッサ)、メモリモジュール、ストレージ、ディスプレイなどを選ぶことができる。それぞれの企業が必要とする用途やアプリケーションの要件に応じてシステムを構成可能だ。

2.ビジネスアプリが豊富

 オフィスアプリケーションなどのビジネスアプリケーションの中には、もともとWindows専用だったものがかなりある。Appleの「macOS」版があったとしても、Windows版より機能が制限されていたり、少なかったりする。中にはWindows版しかないビジネスアプリケーションもある。

 Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」にはmacOS版もあるものの、やはりWindows版の方がアプリケーションが充実している。「Access」「Visio」「Project」にmacOS版のクライアントアプリケーションはない。

3.管理ツールの機能が充実

 主要なクライアントデバイス管理ツールは、総じてWindows搭載PCの管理機能を中心に据えており、Windows搭載PCを細かく管理する包括的な機能を備える。「Parallels Device Management」(旧「Parallels Mac Management」)といったMacの管理が可能な製品もあるものの、主要なクライアントデバイス管理ツールのMac管理機能はWindows搭載PC管理機能と比べて限定されていたり、利用に追加のライセンスが必要だったりする。

4.修理やアップグレードが容易

 IT部門は、ほとんどのWindows搭載PCを自ら分解して組み立て直すことができる。一から組み立てたりはしないとしても、カバーを外して故障したストレージを交換したり、メモリモジュールをアップグレードしたりすることが可能だ。そのため容易に構成要素をアップグレードできる。Macの場合は、こうした作業はほぼ不可能であり、バッテリーを交換するにも代理店に本体を送らなければならず、時間やコストがかかりやすい。

5.さまざまな操作が可能

 「Windows 8」の後、Microsoftは「Windows 10」でユーザビリティを大幅に強化し、IT担当者やビジネスユーザーに役立つ機能を追加した。例えばWindows 10は、設定やシャットダウン、再起動、スリープなどの操作を音声で実行できるようにしている。ペン入力などタッチスクリーンの操作方法が充実しており、PC用とタブレット用でユーザーインタフェースを切り替える機能も備える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...