2019年10月26日 08時30分 公開
特集/連載

Windows 10に移らず「Windows 7」を使い続ける人は何を期待しているのか?手間とコストは覚悟しなければならない

「Windows 10」に移行すべきであることは理解していても、「Windows 7」を使い続けたいと考える企業は少なからずある。相応の対処が必要になるにもかかわらず、なぜWindows 7にとどまろうとするのか。

[Gary Olsen,TechTarget]
画像

 「Windows 7」デバイスをまだ数多く使っている企業は、そろそろOSを「Windows 10」にアップグレードすべきだ。だがWindows 7は人気の高いOSであり、使い続けるれっきとした理由もある。特定の状況では、Windows 7を使い続ける方が理にかなっている場合もある。

 MicrosoftはWindows 7の人気を踏まえ、ユーザーが「Windows 8」からWindows 7にダウングレードできるオプションを用意した。Windows 10のリリース後1年間、Windows 7からWindows 10に無料で自動アップグレードできるようにしたのも、Windows 7の根強い人気と無関係ではない。

 2020年1月14日にWindows 7の延長サポートが終了する。オフィススイート「Office 2019」はWindows 7では利用できない。企業にとって、サポート期限が切れたOSを使用するのは、賢明でも経済的でもない。Microsoftや、運用保守を支援するサードパーティーは、問題解決を保証するのではなく、限定的な問題解決をするにとどまるだろう。新しい問題が見つかった場合も、無料のパッチは提供されない。

それでもWindows 7を使い続けたくなる理由とリスク

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...

news170.jpg

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...