「脱Windows」が“無謀過ぎ”ではない本当の理由特選プレミアムコンテンツガイド

「Windows」でしか稼働しないアプリケーションは、Windows以外のOSを搭載したPCの採用を妨げる可能性があった。この状況は変わりつつある。Windowsを使うのをやめる“脱Windows”には、どのような方法があるのか。

2024年01月03日 17時30分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 クライアント端末のOSには、Microsoftの「Windows」以外にもさまざまな選択肢がある。主に利用するアプリケーションがWindowsアプリケーションである場合、他のOSに移行したくても、できないと考えがちだ。

 実はWindowsアプリケーションを使っているからといっても、必ずしもWindows搭載のPCが必要なわけではない。アプリケーションの種類や利用方法によっては、他のOS搭載のPCでも同じアプリケーションを利用できる可能性がある。

 Windows端末の利用をやめ、それ以外のPCを利用する“脱Windows”は現実的だと言えるのか。OSの選択肢を広げるには、どのような方法があるのか。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

連載:Windowsアプリケーション継続の是非を問う

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...