2024年01月03日 17時30分 公開
特集/連載

「脱Windows」が“無謀過ぎ”ではない本当の理由特選プレミアムコンテンツガイド

「Windows」でしか稼働しないアプリケーションは、Windows以外のOSを搭載したPCの採用を妨げる可能性があった。この状況は変わりつつある。Windowsを使うのをやめる“脱Windows”には、どのような方法があるのか。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 クライアント端末のOSには、Microsoftの「Windows」以外にもさまざまな選択肢がある。主に利用するアプリケーションがWindowsアプリケーションである場合、他のOSに移行したくても、できないと考えがちだ。

 実はWindowsアプリケーションを使っているからといっても、必ずしもWindows搭載のPCが必要なわけではない。アプリケーションの種類や利用方法によっては、他のOS搭載のPCでも同じアプリケーションを利用できる可能性がある。

 Windows端末の利用をやめ、それ以外のPCを利用する“脱Windows”は現実的だと言えるのか。OSの選択肢を広げるには、どのような方法があるのか。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

連載:Windowsアプリケーション継続の是非を問う

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...