2020年03月11日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2008」サポート終了後の選択肢【前編】「Windows Server 2008」の移行先はクラウドとオンプレミスのどちらを選ぶ?

サポート終了の「Windows Server 2008/2008 R2」を安全に使うには「拡張セキュリティ更新プログラム」が必要だ。その利用条件を検討すると、クラウドへ移行すべきか、オンプレミスにとどまるべきかが見えてくる。

[Tom Walat,TechTarget]

 MicrosoftのサーバOS「Windows Server 2008」と「Windows Server 2008 R2」は、2020年1月14日の定例セキュリティ更新プログラム(セキュリティ問題を修正する更新プログラム)の公開を最後にサポートが終了した。まだサポート対象バージョンに移行していない企業は、サポート終了後に最大3年間、セキュリティ更新プログラム(セキュリティ問題を修正する更新プログラム)を入手できる「拡張セキュリティ更新プログラム」(ESU)を契約しない限り、Windows Server 2008/2008 R2のセキュリティ更新プログラムを入手できなくなる。

 サポートが提供されている新しいバージョンの「Windows Server」にアップグレードすることが困難な場合も少なくない。例えば医療機関では、64bit版のOSでは動かないアプリケーションを使用している機器がかなりあり、こうした機器は新バージョンのWindows Serverに移行することが難しい。こうしたアプリケーションの動作を維持しながら安全性を確保するには、独立したVLAN(仮想LAN)に分離したり、物理的にネットワークから隔離したりする方法を考える必要がある。

 どの方法が最適かを判断する材料には、

  • コスト
  • IT部門における専門知識レベル
  • 新技術に対する障壁の高さ

などがある。

クラウドに移行するか、オンプレミスにとどまるか

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。