2019年12月31日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2008」のサポート終了 「Azure」への移行はアリか?【後編】Windows Server 2008の延命策に「Azureへの移行」を選ぶ際の注意点とは?

Microsoftは「Windows Server 2008」のサポートを2020年1月に終了するが、「Azure」に移行したユーザー企業に対して追加のサポートを無償で提供する。ただし考慮すべき点もある。

[Brien Posey,TechTarget]

 Microsoftは2020年1月14日に、サーバOS「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」(以下、Windows Server 2008と総称)のセキュリティ更新プログラムの提供を終了する。ただしユーザー企業はこれらのサーバOSで稼働するシステムを「Microsoft Azure」に移行すると、セキュリティ更新プログラムを引き続き提供する「拡張セキュリティ更新プログラム」を3年間無料で受けることができる。前編「サポート終了の『Windows Server 2008』を延命させる2つの選択肢」に続く本稿は、Windows Server 2008をAzureに移行する際に考慮すべき点を考える。

コスト面と技術面の注意点

 Azureに移行する際に注意すべきなのはコストだ。Windows Server 2008をクラウドで実行するには月額料金を支払わなければならない。ただしMicrosoftが提供する料金プラン「Azureハイブリッド特典」を利用すると、Windows Server 2008の仮想マシン(VM)をAzureで運用するコストを約40%節減できる。

 もう一つの注意点は、ネットワークインフラの構成が複雑になることだ。Azureへの移行の影響を受けるのは、移行するシステムだけではない。通常はオンプレミスとAzureを組み合わせたハイブリッドクラウドの構成で、ディレクトリサーバ「Active Directory」を利用できる環境を構築する必要がある。オンプレミスとAzureの間で安全な通信をするために、VPN(仮想プライベートネットワーク)も設定しなければならない。

AzureによるWindows Server 2008延命で最低限検討すべき点

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...