2019年10月14日 05時00分 公開
特集/連載

「Exchange Server 2010」サポート終了、現実解はExchange Onlineへの移行か?「Exchange Server 2010」移行計画、オンプレミスかクラウドか【前編】

Microsoftのメールサーバ製品「Exchange Server 2010」のサポート終了を機に、クラウド版Exchangeである「Exchange Online」への移行を検討する企業は少なくないだろう。それは最適な選択肢なのだろうか。

[Chris Goosen,TechTarget]
画像

 Microsoftは2019年9月16日、ブログ「Exchange Team Blog」に公開した記事で、メールサーバ製品「Exchange Server 2010」のサポート終了日を2020年1月14日から2020年10月13日に延期すると発表した。オフィススイート「Office 2010」および社内向け企業ポータル製品「SharePoint Server 2010」のサポート終了日と合わせた形だ。この延期によってExchange Server 2010のユーザー企業は、移行を完了させるための時間的余裕が生まれることになる。ただしサーバOS「Windows Server 2008」で、Exchange Server 2010に含まれる製品やサービスを運用している管理者は、2020年1月14日にWindows Server 2008のサポートが終了することから、それに合わせて準備する必要がある。

Exchange Online

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...