2019年10月14日 05時00分 公開
特集/連載

「Exchange Server 2010」サポート終了、現実解はExchange Onlineへの移行か?「Exchange Server 2010」移行計画、オンプレミスかクラウドか【前編】

Microsoftのメールサーバ製品「Exchange Server 2010」のサポート終了を機に、クラウド版Exchangeである「Exchange Online」への移行を検討する企業は少なくないだろう。それは最適な選択肢なのだろうか。

[Chris Goosen,TechTarget]
画像

 Microsoftは2019年9月16日、ブログ「Exchange Team Blog」に公開した記事で、メールサーバ製品「Exchange Server 2010」のサポート終了日を2020年1月14日から2020年10月13日に延期すると発表した。オフィススイート「Office 2010」および社内向け企業ポータル製品「SharePoint Server 2010」のサポート終了日と合わせた形だ。この延期によってExchange Server 2010のユーザー企業は、移行を完了させるための時間的余裕が生まれることになる。ただしサーバOS「Windows Server 2008」で、Exchange Server 2010に含まれる製品やサービスを運用している管理者は、2020年1月14日にWindows Server 2008のサポートが終了することから、それに合わせて準備する必要がある。

Exchange Online

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...