2019年10月30日 05時00分 公開
特集/連載

クラウド版Windows「Windows Virtual Desktop」の覚えておくべき管理手法4選PowerShellによる管理から印刷問題への対処まで

「Windows Virtual Desktop」を利用するには、まずIT管理者がこのサービスをどう管理すべきかを理解しておく必要がある。効果的な4つの管理手法を紹介する。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 「Windows Virtual Desktop」の登場で、DaaS(Desktop as a Service)市場の情勢は大きく変わりそうだ。これを利用するIT担当者は管理方法をよく理解しておく必要がある。

 MicrosoftがDaaSとして提供するWindows Virtual Desktopは、クラウドサービス「Microsoft Azure」(以下、Azure)で稼働し、仮想デスクトップをサービスとして利用できるようにする。目玉機能となるマルチユーザー版「Windows 10 Enterprise」は、ローカルにインストールした「Windows 10」と同じように使用できる。

 IT管理者はWindows Virtual Desktopを組織全体に展開する前に、このサービスの管理手法を知っておく必要がある。

管理手法1.PowerShellでWindows Virtual Desktopを管理する

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...