2019年10月30日 05時00分 公開
特集/連載

クラウド版Windows「Windows Virtual Desktop」の覚えておくべき管理手法4選PowerShellによる管理から印刷問題への対処まで

「Windows Virtual Desktop」を利用するには、まずIT管理者がこのサービスをどう管理すべきかを理解しておく必要がある。効果的な4つの管理手法を紹介する。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 「Windows Virtual Desktop」の登場で、DaaS(Desktop as a Service)市場の情勢は大きく変わりそうだ。これを利用するIT担当者は管理方法をよく理解しておく必要がある。

 MicrosoftがDaaSとして提供するWindows Virtual Desktopは、クラウドサービス「Microsoft Azure」(以下、Azure)で稼働し、仮想デスクトップをサービスとして利用できるようにする。目玉機能となるマルチユーザー版「Windows 10 Enterprise」は、ローカルにインストールした「Windows 10」と同じように使用できる。

 IT管理者はWindows Virtual Desktopを組織全体に展開する前に、このサービスの管理手法を知っておく必要がある。

管理手法1.PowerShellでWindows Virtual Desktopを管理する

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...