2019年06月05日 05時00分 公開
特集/連載

「Windowsサンドボックス」を理解する【前編】Windows 10新機能「Windowsサンドボックス」とは 怪しいアプリも安全にテスト

Windows 10に組み込まれた「Windowsサンドボックス」は、アプリケーションやファイルを隔離された状態でテストできる。この新プログラムと機能について解説する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 Microsoftの「Windows Sandbox」(Windowsサンドボックス)は、ITプロフェッショナルが「Windows 10」でアプリケーションをテストするための、コンパクトで隔離された環境を提供するサンドボックス機能だ。この機能は現時点で、開発者向け品質評価プログラム「Windows Insider Program」の参加者のみが利用できる。2019年5月下旬の次期アップデート「Windows 10 May 2019 Update」での正式リリースが予定されている。

 Windowsサンドボックスは、従来の仮想マシンと似た仕組みを持つ。複雑な導入やライセンス料の負担は伴わず、ハードウェアを追加する必要もない。Windowsサンドボックスは、コンテナ化されたワークロードを導入するためのポータブル式ランタイム環境「Windowsコンテナ」をベースとしている。Microsoftはそうした技術に手を加え、Windows 10との親和性を強めて効率を高め、コンポーネントを追加しなくても実行できるようにした。

Windowsサンドボックスの仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...