2020年12月18日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「BitLocker」の基礎 単なるWindowsの暗号化機能ではないクラウドやサーバの保護にも活用へ

「Windows」標準の暗号化機能として登場した「BitLocker」は、さまざまな場面で活用されている。BitLockerがどのような形で、どう機能するのかを確認しよう。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 暗号化とは、ファイルの内容やストレージ全体をアルゴリズムによって難読化し、第三者に解読できなくすることだ。これはセキュリティにおいて極めて重要な技術と言える。暗号化に用いたものと同じ暗号鍵を使用しない限り、データを復号して内容を見ることが難しいためだ。これにより、盗難や不正侵入などが発生してもデータの内容をのぞかれにくくできる。

BitLockerとは

 Microsoftのデータ暗号化機能「BitLocker」は、「Windows Vista」の機能として登場して以来、「Windows」標準の暗号化機能となっている。BitLockerは暗号アルゴリズムに「AES」(Advanced Encryption Standard)を採用しており、長さ128bitまたは256bitの暗号鍵を使う。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...