「AI」に納税の義務はあるのか? 「汎用人工知能」(AGI)が議論に一石AIが税金を納める日【前編】

各国の税法などの法制度は総じて、現時点ではAIシステムを人と同列に扱っていない。だがAI技術が至る所に浸透する中、法制度はそれに応じて変わらなければならない可能性がある。

2020年12月19日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]

関連キーワード

機械学習


 AI(人工知能)システムが人としての権利を持つことはなさそうだが、税金を支払う義務は課せられる可能性がある――。これはサリー大学(University of Surrey)で法学と健康科学の教授を務めるライアン・アボット氏の見解だ。

 ウォッシュバーン大学(Washburn University)法科大学院のロバート・J・ドール法律政府センター(Robert J. Dole Center for Law and Government)は2020年11月5日、大学院生が発行する法律雑誌『Washburn Law Journal』と共同で、AIシステムの権利に関する仮想シンポジウム「Artificial Rights?」を開催した。その中の仮想パネルディスカッションでこのテーマについて触れたアボット氏は、AIシステムが現在「人々がやってきたのと同じようなことをやっている」と認めつつも、意識やモラルを持っていないAIシステムは「権利を持つに値しない」と述べた。

AIが人の権利を持てば納税の義務も負うのか

 研究者が「汎用(はんよう)人工知能」(AGI)の開発に成功すれば、こうした考え方は変わる可能性がある。「汎用AI」や「強いAI」とも呼ばれるAGIは、人と同じように思考し、学習ができるAIシステムを指す。だがAGIはまだ研究開発の途上にある。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。