2020年12月09日 05時00分 公開
特集/連載

「汎用人工知能」(AGI)と「弱いAI」の違いとは「汎用人工知能」(AGI)への道【後編】

「AI」と呼ばれる技術には「弱いAI」と「強いAI」の2つがある。両者を隔てるものとは何か。そして結局のところ強いAIすなわち「汎用人工知能」(AGI)は実現可能なのか。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


 本稿の前編「正真正銘のAI『汎用人工知能』(AGI)とは何なのか」において、「AI」(人工知能)と呼ばれる技術には「弱いAI」と「強いAI」の2つがあると述べた。弱いAIは、強いAIつまり「汎用(はんよう)人工知能」(AGI:Artificial General Intelligence)ではない全てのAI技術だと定義できる。

 現在使われているAI技術は基本的に弱いAIだ。単一の、または限られたタスクを処理できる弱いAIは、的を絞ったアプローチで強力な機能を実現している。画像認識やパーソナライゼーション、AIチャットbotなどがその例だ。さらには音声認識や自然言語処理、予測メンテナンス、自動運転といった技術も弱いAIに含まれる。

 技術の限界をわれわれが広げ続けるにつれて、弱いAIの定義も変わってきている。数十年前には、OCR(光学式文字認識)が主要かつ最先端のAI技術だと考えられていた。今ではこのOCRは広く定着し、人々はOCRをAI技術だとは考えなくなっている。AI技術、特に弱いAIについての人々の認識は、技術が進化し続ける中で変化するだろう。

本当は弱くない「弱いAI」

 「弱いAI」という用語には誤解を招く恐れがある。AI研究者の観点からすると、人が持つ知能の一部とはいえ、それを代替しようとするアプリケーションは、どれも強力だからだ。弱いAIという用語が与える頼りない印象は、実態と懸け離れている。実のところ、弱いAIのアプリケーションの大部分は、特定分野に特化して極めて強力な機能を提供し、成功を収めている。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...