「汎用人工知能」(AGI)と「弱いAI」の違いとは「汎用人工知能」(AGI)への道【後編】

「AI」と呼ばれる技術には「弱いAI」と「強いAI」の2つがある。両者を隔てるものとは何か。そして結局のところ強いAIすなわち「汎用人工知能」(AGI)は実現可能なのか。

2020年12月09日 05時00分 公開
[Kathleen WalchTechTarget]

関連キーワード

機械学習


 本稿の前編「正真正銘のAI『汎用人工知能』(AGI)とは何なのか」において、「AI」(人工知能)と呼ばれる技術には「弱いAI」と「強いAI」の2つがあると述べた。弱いAIは、強いAIつまり「汎用(はんよう)人工知能」(AGI:Artificial General Intelligence)ではない全てのAI技術だと定義できる。

本当は弱くない「弱いAI」

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。