2020年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

ExcelとPower BIの連携強化で“脱Excel”は不要に?ExcelとPower BIの連携強化で何が変わるのか【後編】

「Power BI」との連携強化により「Microsoft Excel」には「データ型」を新規に作成できる機能が加わった。データ活用に役立つ機能の拡充により、Excelの活用の場はさらに広がった。これは歓迎すべき動きなのか。

[Eric Avidon,TechTarget]

 Microsoftは表計算ツール「Microsoft Excel」とビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Power BI」の連携を強化し、Excelの「Data Types」(データ型:データの種類を定義する仕組み)を新規に作成できる機能を加えた。この機能はExcelとPower BIの両方のユーザーが活用できる。前編「『Excel』と『Power BI』の双方向連携を進めるMicrosoftの意図とは?」、中編「『Excel』と『Power BI』の連携が進むと“Excel依存”がさらに進む?」に続く本稿は、ExcelとPower BIの連携による新しいデータ型の追加機能を解説する。

 Excelの「Power Query」機能を使えば、ユーザーが手動でデータソースに接続し、そのデータを取り込み、そのデータを基にデータ型を定義できる。ExcelユーザーはPower BIを併用しているかどうかにかかわらず、独自のデータ型を作成可能だ。加えて質問応答システム「Wolfram|Alpha」を提供するWolfram Alphaとの提携を通じて、100種類以上のデータ型を利用できるようになった。ただしこの機能を現時点で利用できるExcelは、開発中の機能をいち早く利用できる「Office Insider」プログラム参加者向けのプレビュー版Excelに限られる。

“脱Excel”はもう不要?

 Wolfram|Alphaは事実に基づいた質問を調べられる質問応答システムだ。検索エンジンのように、答えが含まれるドキュメントやWebページの一覧を提示するのではなく、整理されたデータに基づく直接的な答えを提示する。ExcelユーザーはWolfram Alphaのデータ型を使うことで、例えば運動量の継続的な記録、食事の栄養情報管理、将来性のある大学についての調査、芸術や科学の学習といった活動にデータ型を利用できるようになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...