2020年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「コンテナ」「コンテナイメージ」の基本的な違いとは?「ケーキ」の作り方で理解する

「コンテナ」と「コンテナイメージ」は何が異なり、どのような関係にあるのか。それぞれが果たす役割は何か。「Docker」での操作や例え話を交えて説明する。

[Chris Tozzi,TechTarget]

関連キーワード

Docker | 仮想化


 アプリケーションの実行環境を仮想化する「コンテナ」に不慣れなIT担当者にとって、コンテナと「コンテナイメージ」の違いや関係性は分かりにくい場合がある。コンテナとコンテナイメージは何が違うのか。特にコンテナ管理ツール「Docker」を想定した場合の2つの違いを以下で解説しよう。

コンテナとは

 独立した環境でアプリケーションを実行する手段がコンテナだ。後述するコンテナイメージを作成することで、その指定に基づいたコンテナを起動できる。Dockerでコンテナを起動するには「docker run」コマンドを使用する。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...