2020年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「コンテナ」「コンテナイメージ」の基本的な違いとは?「ケーキ」の作り方で理解する

「コンテナ」と「コンテナイメージ」は何が異なり、どのような関係にあるのか。それぞれが果たす役割は何か。「Docker」での操作や例え話を交えて説明する。

[Chris Tozzi,TechTarget]

関連キーワード

Docker | 仮想化


 アプリケーションの実行環境を仮想化する「コンテナ」に不慣れなIT担当者にとって、コンテナと「コンテナイメージ」の違いや関係性は分かりにくい場合がある。コンテナとコンテナイメージは何が違うのか。特にコンテナ管理ツール「Docker」を想定した場合の2つの違いを以下で解説しよう。

コンテナとは

 独立した環境でアプリケーションを実行する手段がコンテナだ。後述するコンテナイメージを作成することで、その指定に基づいたコンテナを起動できる。Dockerでコンテナを起動するには「docker run」コマンドを使用する。

ITmedia マーケティング新着記事

news169.png

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

news121.jpg

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

news034.jpg

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...