2020年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「コンテナ」「コンテナイメージ」の基本的な違いとは?「ケーキ」の作り方で理解する

「コンテナ」と「コンテナイメージ」は何が異なり、どのような関係にあるのか。それぞれが果たす役割は何か。「Docker」での操作や例え話を交えて説明する。

[Chris Tozzi,TechTarget]

関連キーワード

Docker | 仮想化


 アプリケーションの実行環境を仮想化する「コンテナ」に不慣れなIT担当者にとって、コンテナと「コンテナイメージ」の違いや関係性は分かりにくい場合がある。コンテナとコンテナイメージは何が違うのか。特にコンテナ管理ツール「Docker」を想定した場合の2つの違いを以下で解説しよう。

コンテナとは

 独立した環境でアプリケーションを実行する手段がコンテナだ。後述するコンテナイメージを作成することで、その指定に基づいたコンテナを起動できる。Dockerでコンテナを起動するには「docker run」コマンドを使用する。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...