「Excel」と「Power BI」の双方向連携を進めるMicrosoftの意図とは?ExcelとPower BIの連携強化で何が変わるのか【前編】

Microsoftは「Microsoft Excel」と「Power BI」の連携を強化する。Power BIでExcelのデータを取り込むといった“一方通行”の連携ではなく、双方向の連携が可能になるという。この変更の意図とは。

2020年12月07日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

 Microsoftは表計算ツール「Microsoft Excel」とビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Power BI」の連携機能を強化する。Power BIは以前からExcelのデータを抽出して読み込むことが可能だった。新しい連携機能によってExcelは、Power BIのデータをさらに利用しやすくなった。

 2020年10月29日のブログでMicrosoftは、今回のアップデートを公表した。ExcelとPower BIの両方のユーザーは、Power BIで発行したデータを簡単に見つけられるようになり、構造化されたデータとしてExcelにシームレスに取り込める。

ExcelとPower BIの連携は「一方通行」から「双方向」へ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...