2021年10月30日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 11のためのSurface「Surface Laptop Studio」は“あれ”がすごい「Windows 11」×「Surface」の実力は【前編】

「Windows 11」は、「Surface」シリーズにどのような変化をもたらすのか。Microsoftは「Surface Laptop Studio」をはじめとするWindows 11搭載機種を通じて、その方向性を示そうとしている。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 Microsoftは2021年9月に発表した「Surface」シリーズの新製品に、2021年10月に提供開始したクライアントOS「Windows 11」を生かしたさまざまな新機能を備えている。Surfaceシリーズは、OSに「Windows」を搭載した2-in-1デバイス(ノートPCとしてもタブレットとしても使えるデバイス)だ。

 Windows 11を搭載したSurface新製品について、調査会社Gartnerのアナリスト、スティーブン・クラインハンス氏は「Windows 11の新機能をフル活用できるよう設計された。まるで『新しいOSのための新しいデバイス』のようなものだ」と述べる。

ハードとソフトの工夫でかなえた「あの機能」

 今回のSurface新製品は、暗くても映像が鮮明に映るようにしたカメラや、離れた場所の音声を鮮明に集音できるようにしたマイクを内蔵。ユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」で快適にWeb会議ができるよう工夫を凝らしている。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって、テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が広がっている。MicrosoftはSurface新製品でWeb会議の機能を強化することで、ハイブリッドワークのニーズに応えた。パンデミック収束後も新しい働き方に取り組む企業への販売を目指している。

 最上位機種「Surface Laptop Studio」と標準機種「Surface Pro 8」は、紙に書いたような感触を再現する触感フィードバック機能を備えたディスプレイとスタイラスペンを搭載。より自然な感覚で手書きができるようにした(写真)。

写真 写真 Surface Laptop StudioやSurface Pro 8は紙のような手書きができる(出典:Microsoftのプレスリリース)《クリックで拡大》

 デザイナーやクリエイター向けのSurface Laptop Studioは、ディスプレイの位置によって表示モードを切り替える機能を備えている。ディスプレイを手前にずらしてゲーム用に使ったり、ディスプレイを倒して厚めのタブレットのように使ったりできる。最大32GBのメモリを搭載する他、CPUはIntelの「Core i5」か「Core i7」を選べる。米国のMicrosoft公式サイトでの価格は1599.99ドルから。

 Microsoft最高製品責任者のパノス・パネイ氏はSurface Laptop Studioについて「デスクトップPCのパワーとノートPCの持ち運びやすさを兼ね備えた」と言う。


 後編は、Surface Pro 8の目玉機能を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

DX遅れまくり業界における挑戦 アステラス製薬が“脱プロモーションサイト”に向けてやったこと
DXが遅れがちなヘルスケア領域だが、顧客(医療従事者と、その先にいる患者)のニーズに...

news127.jpg

業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コス...

news107.jpg

マーケターこそ今知るべき「インクルージョン」について
世界的な広告会社のグローバルCMOにして社会活動家でもあるアシシュ・パラシャール氏が、...