Windows 365“意外に高過ぎ”問題を避ける「利用料金」の基礎知識「Windows 365」と「Windows 10」の違いを比較【第6回】

コスト削減を目的に「Windows 365」を利用したにもかかわらず、むしろコストが高くなった――。こうした“失敗”を犯さないためには、Windows 365の利用料金を詳細に確認する必要がある。確認のポイントを説明する。

2022年09月07日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)を利用する場合と、クライアントデバイスで同社のOS「Windows 10」を利用する場合のコストを比較する際は、注意が必要だ。Windows 365はクライアントデバイスのスペックに依存せずにWindows 10や「Windows 11」を利用できるので、CAPEX(設備投資)を削減しやすい。ただし利用料金が高騰し、クライアントデバイスでWindows 10を利用するコストを上回る可能性がある。

“Windows 365高過ぎ”問題を避けるために「利用料金」の仕組みを理解する

 Windows 365は1ライセンスにつき1エンドユーザーの利用を許可している。Windows 365における仮想マシン(VM)である「Cloud PC」(クラウドPC)1台を複数のエンドユーザーが利用することはできない。MicrosoftのDaaS「Azure Virtual Desktop」が提供するマルチユーザー版の「Windows」も、Windows 365では利用できない。

 大企業向けエディションの「Windows 365 Enterprise」を使用するには、ユーザー企業は各エンドユーザーにWindowsの大企業向けエディションである「Windows 10 Enterprise」または「Windows 11 Enterprise」と、デバイス管理ツール「Microsoft Endpoint Manager」(Microsoftエンドポイントマネージャー)、ID・アクセス管理システム「Azure Active Directory Premium P1」のライセンスを用意する必要がなる。

 ネットワークの使用状況に応じて、Windows 365の追加利用料金がかかる可能性がある点にも注意が必要だ。Microsoftは一般企業向けエディションの「Windows 365 Business」のユーザー企業に対して、送信データ量に上限を定めている。ユーザー企業がこの上限を超えた場合、Microsoftは帯域幅(回線容量)を制限する可能性がある。ただし同社はこれらの制限の詳細を公開していない。

 Windows 365 Enterpriseを利用する場合、全てのデータはMicrosoftの仮想ネットワークサービス「Azure Virtual Network」(VNet)を経由して転送される。そのためWindows 365 Enterpriseでは、VNetを含む同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」のデータ転送料金がWindows 365の利用料金に加算される。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。