2022年11月25日 05時00分 公開
特集/連載

Android派やiPhone派が気になる「Windows 11」の“あの機能”「Windows 11」の充実する機能と高まらない人気【中編】

Microsoftは、機能更新プログラムの提供やサードパーティーベンダーとの連携を通じて、積極的に「Windows 11」を強化している。どのような機能が利用可能になったのか。

[Antone GonsalvesTechTarget]

 MicrosoftはクライアントOS「Windows 11」の魅力を高めようとしている。同社による機能更新プログラム(メジャーアップデート)および新機能の提供、サードパーティーベンダーとの連携を通じて、Windows 11ではさまざまな機能が利用できるようになった。主な機能を紹介する。

Android派もiPhone派も納得の「Windows 11」便利機能

 Amazon.com ServicesのWindows 11向けアプリケーションストア「Amazonアプリストア」(Amazon Appstore)は、GoogleのモバイルOS「Android」用のアプリケーションを提供する。これによりWindows 11でAndroidアプリケーションが実行できる。利用可能なAndroidアプリケーションは、Amazonアプリストアが提供するものに限られる。

 「iPhone」などApple製デバイスのユーザーにとっては、同社の「Windows用iCloud」(iCloud for Windows)が役立つ。Windows用iCloudは、同社のファイル同期サービス「iCloud」に、Windows 11からアクセスするためのアプリケーションだ。エンドユーザーはWindows用iCloudを使うことで、手持ちのApple製デバイスに保存した写真を閲覧できる。

 標準では画面下部にある帯状の「タスクバー」は、エンドユーザーからの要望を受けて改善が進んでいる。アプリケーションがタスクバーに入り切らない場合、あふれたアプリケーションを別のスペースに表示する「タスクバーオーバーフロー」という機能は、その一例だ。


 後編は、Windows 11の人気がなかなか高まらない理由を考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

営業担当者が顧客とのやりとりに使っている時間は業務時間の54%――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...