Windows脆弱性「PrintNightmare」に緊急パッチ提供 Microsoftはなぜ急いだのかTechTarget発 世界のITニュース

Windowsの印刷関連の脆弱性「PrintNightmare」に対処すべく、Microsoftは定例外のスケジュールでパッチを提供した。なぜMicrosoftはパッチ提供を急いだのか。パッチをすぐに適用できない場合の対処法とは。

2021年07月30日 05時00分 公開
[Shaun NicholsTechTarget]

 Microsoftは「Windows」および「Windows Server」の重大な脆弱(ぜいじゃく)性に対処するために、珍しく定例外のスケジュールでセキュリティ更新プログラム(パッチ)を提供した。2021年7月6日(現地時間)に提供した、印刷スプーラーー(Print Spooler)サービスの脆弱性「PrintNightmare」を修正するパッチがそれだ。印刷スプーラーサービスは、WindowsやWindows Serverでの印刷に必要なサービス(常時稼働プログラム)。

 攻撃者はPrintNightmareを悪用すると、適切な権限がなくてもランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などのマルウェアを実行できる可能性がある。PrintNightmareは、Microsoftがサポート対象にしている全バージョンのWindowsおよびWindows Serverに影響する。

Microsoftが「PrintNightmare」パッチ提供を急いだ“心配な理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...