石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳TechTarget発 世界のITニュース

FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。

2021年07月20日 05時00分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

 米連邦捜査局(FBI)は暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「秘密鍵」(ビットコインの所有者であることを証明するコード)を使用し、石油パイプライン大手のColonial Pipelineが2021年5月にランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃を受けて支払った身代金の約半分を回収した。

FBIが身代金を回収した方法とは

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォーム...

news034.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年7月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...