「Windows 11は低スペックPCお断り」の真相特選プレミアムコンテンツガイド

「Windows 11」は従来の「Windows」と比較して、システム要件が厳しいとの声がある。具体的には何が違うのか。そもそもWindows 11への移行に意味はあるのか。

2022年12月15日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 11」は、これまでの「Windows」シリーズよりも、プロセッサやシステムファームウェア、ディスプレイなどシステム要件が厳しいと言われている。比較的新しいPCでも、Windows 11が利用できない可能性があるという。

 Windows 11のシステム要件は、どれくらい厳しいのか。そもそもコストを掛けてPCのシステム要件を満たしてまで、Windows 11にアップグレードする必要はあるのか。Windows 11への移行の是非を考える際のポイントを詳しく説明する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:Windows 11アップグレードの基礎知識

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...