2020年03月31日 10時00分 公開
PR

Windows Virtual Desktopの導入で“フィット&ギャップ”が最も重要な理由「快適なテレワークに必要なもの」

テレワークの必要性が叫ばれ、それに伴い無数の実現手段が登場した。IT担当者は結局何を選べばいいのか。これからのIT担当者は費用や機能だけではなく、どのようなサポートサービスが存在するかも押さえる必要がある。

[TechTargetジャパン]

 働き方改革は、全ての企業にとって大きな課題の一つである。目標や手法はさまざまだが、生産性やモチベーションの大幅な向上が期待できる取り組みとしてテレワークの導入が注目されている。自宅でもオフィスと同様に業務を遂行できる環境を整備することで、昨今の自然災害や流行病などの影響で通勤が困難になったときのBCP(事業継続計画)として活用できるメリットもある。

 テレワーク環境を用意する技術や手法は幾つかあるが、安全性を考慮してオンプレミスに構築したいということであれば「VDI」(仮想デスクトップインフラ)が有効だろう。大きな投資が難しい企業や一部門からスモールスタートしたいという要件であれば、初期投資が小さくて済む「DaaS」(Desktop as a Service)という選択肢もある。

 一口にDaaSと言っても選択肢は無数にある。最近ではMicrosoft製品との親和性が高く、Windows 10に最適といわれる「Windows Virtual Desktop」(WVD)が登場し、注目している企業は少なくない。

 ただし一般ユーザーも管理者も“快適に”利用したいのであれば、他のシステムとの親和性が重要となる「導入、構築フェーズ」はもちろん、日々の運用も考慮したサポートサービスが気になるところだ。そこで本稿では、サポートを含めてテレワーク環境構築の助けとなるサービスを紹介する。


提供:日鉄ソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部