2019年09月30日 10時00分 公開
PR

Windows 10課題解決の特効薬Windows 10活用の前に立ちはだかる3つの壁、専門家が語る打開策とは

Windows 10の移行には煩雑な作業が伴う。移行したとしても、毎月あるいは半年ごとのアップデート運用や、それに伴うマスター作成作業といった壁が立ちはだかる。移行と運用の課題をまとめて解決する極意を聞いた。

[ITmedia]

 Windows 7のサポート終了が目前に迫っている。クラウドOSとも呼ばれる「Windows 10」は生産性を向上させる仕組みを新たに搭載し、継続的なアップグレードによって強固なセキュリティを実現するため、移行は企業にとってメリットが大きい。

 しかし、多くの企業にとってWindowsのアップグレードは負担の大きなイベントである。既存PCのライフサイクルとのズレで、作業が煩雑になってしまうケースもある。またWindows 10への移行後、半年に1度のペースで対応が必要な大型アップデート「Feature Update」の運用に戸惑いを感じたり、トラブルを経験したりする組織も少なくない。特に小規模な組織はIT担当者が不足しがちということもあり、Windows 10への対応が遅れがちだ。

 本稿は、Windowsのアップグレード作業負担を大幅に軽減してWindows 10が抱える新しい課題を解決し、IT担当者がオフィスのPCを適切に管理できるようになる方法を紹介しよう。

提供:富士ソフト株式会社、横河レンタ・リース株式会社

提供:富士ソフト株式会社、横河レンタ・リース株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部