Windows 11への移行には“あの無料の純正ツール”が使えない?Windows 11移行完全ガイド【第4回】

Microsoftは「Windows」のアップグレードを促進するために、さまざまな移行支援ツールを無償提供してきた。ただし「Windows 10」から「Windows 11」への移行には使えないツールもある。それは何なのか。代替策は。

2022年09月18日 10時30分 公開
[Gary OlsenTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」は、2025年10月にサポートが終了する。それまでに「Windows 11」への移行を効率的に進めるには、どうすればよいのか。

“あの無料移行ツール”はWindows 11では使えない?

 IT担当者はエンドユーザーの設定やデータをWindows 11端末に移行する計画を立てなければならない。従来は良い選択肢として、Microsoftの「Windows」ユーザー向け無償ファイル転送ツール「Windows Easy Transfer」(Windows転送ツール)が利用できた。ただしMicrosoftは、Windows 10やWindows 11向けにはWindows Easy Transferを提供していない。Windows 10端末からの移行に取り組むIT担当者にとって、現実的な選択肢として残るのは、サードパーティーベンダーのデータ移行ツールだ。

PCmover

 Laplink Softwareの「PCmover」は、アプリケーションやファイルに加えて、アカウントなどの設定の移行を支援する。ウイルス対策やスパイウェア対策ソフトウェアの移行はできない。

 PCmoverの「Windows Store Edition」(英語版のみ)は、Microsoftの公式アプリケーションストア「Microsoft Store」から無料で入手可能だ。IT担当者は、評価用にPCmoverのWindows Store Editionを使用してデータ移行を実施できる。ただしアプリケーションやプロファイルなどの設定の移行には「Home」「Professional」といった有償エディションが必要だ。

 大企業の場合は有償エディションの「Enterprise」が最適な選択肢だ。Enterpriseには無償提供の評価版もある。

AOMEI Backupper

 AOMEI Techの「AOMEI Backupper」はバックアップ/リカバリーツールだ。無償エディションの「Standard」は、中小企業が必要とするほとんどの機能を含む。Standardでは、アプリケーションの移行とイメージファイル(ディスク内の全データのコピー)の圧縮が可能で、暗号化機能も含まれている。

 有償エディションの「Professional」は、複数のストレージにファイルを分散保存できる。大企業は、ネットワーク経由でのOSインストールを可能にするツール「AOMEI PXE Boot Tool」と、追加料金不要の永続アップグレード「Lifetime Upgrades」を含む有償エディションの「Workstation」が適切だと考えられる。

EaseUS Todo PCTrans

 CHENGDU Yiwo Tech Development(EaseUSの名称で事業展開)の「EaseUS Todo PCTrans」は、ファイルやアプリケーションに加えて、アカウントなどの設定を新しい端末に移行する。Windows 10/11に加えて「Windows 7/8」で利用でき、ネットワーク経由やローカルディスク間のデータ転送に加えて、イメージファイルの転送が可能だ。故障したPCから新しいPCにファイル、アプリケーション、設定を移行できるという興味深い特徴がある。

 無償エディションの「Free」の主な制限は、PC間またはローカルディスク間で転送できるデータ量が2GBであることだ。有償エディションの「Professional」は、データ量の制限がなく、データ復旧機能やベンダーによるサポートサービスをそろえる。


 第5回は、Windows 11への移行時に発生し得る問題を整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...