2019年08月09日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10管理を楽にする「Windows Sandbox」「Windows Autopilot」とは覚えておきたい「Windows 10」管理者向け機能【前編】

「Windows 10」のアプリケーションテストやセットアップといった煩雑な作業を効率化するための管理ツールが充実している。本稿はその代表例である「Windows Sandbox」「Windows Autopilot」を紹介する。

[Yuuki Nishida,TechTarget]
画像

 Microsoftはこの数年、IT管理者が「Windows 10」搭載デバイスのセットアップや管理、アプリケーションのトラブルシューティングなどを簡単にできるよう支援する、さまざまなツールや機能をリリースしてきた。「Windows Sandbox」「Windows AutoPilot」「Windows Admin Center」などのWindows 10管理ツールは、自動化やアプリケーションのテスト、評価といったユニークな機能を提供する。Windows 10の管理をシンプルにしたいIT管理者にとって、これらのツールとその主要機能は大いに役立つはずだ。前編となる本稿は、このうちWindows SandboxとWindows AutoPilotについて紹介する。

Windows Sandbox

 IT管理者にとって、未知の実行ファイルをテストする仮想マシンのセットアップには、多くの時間がかかるものだ。Windows Sandboxは、こうした仮想マシンのセットアップを不要にする。OS内に一時的なデスクトップ環境であるサンドボックスを構築し、IT管理者がこの隔離されたサンドボックス内で任意のアクションを実行できるようにする。

 Microsoftは大型アップデートの「Windows 10 May 2019 Update」で、Windows 10の企業向けエディションである「Windows 10 Pro」および「Windows 10 Enterprise」向けにWindows Sandboxを導入した。この機能はコンテナ機能「Windowsコンテナー」をベースとしており、Microsoftのハイパーバイザーを使ってサンドボックスをホストOSから隔離する。開発者やIT管理者が作業後にこのサンドボックスを終了すると、作業時に加えられた変更は全て破棄される。IT管理者が再びサンドボックスを開くと、インストール直後のクリーンな状態でWindowsが起動する。

 IT管理者は、ホストマシンのBIOS(Basic Input/Output System)で仮想化を有効にしておき、Windowsの機能設定でWindows Sandboxを有効にすれば、Windows Sandboxのサンドボックスを実行できる。サンドボックスは軽量で、インストールしていないときのイメージファイルは25MBに圧縮されており、インストールしてもディスク使用量は約100MBにとどまる。

Windows Autopilot

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...